カラダのコト

インフルエンザワクチンは効く?効かない?科学的にまとめてみました

インフルエンザワクチン

10月に入ってから、会社勤めのサラリーマンの方はインフルエンザワクチンの予防接種の案内を受けた人もいるかもしれません。

インフルエンザワクチン、というかワクチン全般に対する社会の誤解があるように感じます。

そこで、インフルエンザワクチンについて、科学的な観点からまとめてみました。

 

インフルエンザワクチンは効かない?

そもそも、「何に効く」のか、人によって解釈が異なっていることが、話がかみ合わない原因の1つです。感染症の場合、大きく分けて

①感染

②増殖

③発症・重症化

の3つの段階に分けて考える必要があります。

 

インフルエンザワクチンは、重症化に対する予防効果が認められています。

一方、感染、増殖に対しては、はっきりとした有効性は認められていません。

 

Q.19: ワクチンの効果、有効性について教えてください。

インフルエンザにかかる時は、インフルエンザウイルスが口や鼻あるいは眼の粘膜から体の中に入ってくることから始まります。体の中に入ったウイルスは次に細胞に侵入して増殖します。この状態を「感染」といいますが、ワクチンはこれを完全に抑える働きはありません。

ウイルスが増えると、数日の潜伏期間を経て、発熱やのどの痛み等のインフルエンザの症状が出現します。この状態を「発病」といいます。インフルエンザワクチンには、この「発病」を抑える効果が一定程度認められていますが、麻しんや風しんワクチンで認められているような高い発病予防効果を期待することはできません。発病後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、入院治療を必要とする方や死亡される方もいます。これをインフルエンザの「重症化」といいます。特に基礎疾患のある方や高齢の方では重症化する可能性が高いと考えられています。インフルエンザワクチンの最も大きな効果は、「重症化」を予防することです。

厚生労働省インフルエンザQ&A

 

ワクチンの感染、増殖に対する有効性が明らかではないとはいっても、重症化を防ぐことだけでも臨床的に意義があることです。

特に高齢者の場合、インフルエンザ発症に伴い、肺炎の合併症も起こして亡くなる人も多くいます。

そのため、ワクチンを接種して、インフルエンザに罹った場合でもその重症化を防ぐことの臨床的意義は大きいです。

 

何人がインフルエンザワクチンを受けている?

厚生労働省の専門家会議の資料に、インフルエンザワクチンの年齢別の接種状況のデータが掲載されています。

グラフから、だいたい2人に1人はインフルエンザワクチンを接種しています。

インフルエンザワクチン

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000210234_00001.html

 

 

インフルエンザワクチンが足りない?

昨年の2017/2018シーズン(インフルエンザは年末から年始にかけて流行するため、このような表現をします)は、ワクチンの供給が足りず、一部の地域でワクチンを接種できない事態が発生しました。

2018/2019シーズンのインフルエンザワクチンは足りるのでしょうか?

厚生労働省の専門家会議の資料によると、2018/2019シーズンは、供給量は約2650万本(1 mL換算)であるのに対し、需要量は約2500万本です。需要を上回る十分な供給量があるため、ワクチン不足にはならない見込みです。

インフルエンザワクチン

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000210234_00001.html

 

 

いつごろワクチンを打つべき?

健康保険組合からの助成期間は、だいたい10月~翌年3月までに接種したものに指定されていることが多いです。

しかし、インフルエンザの流行シーズンを考えると、3月に接種しては遅すぎます。

厚生労働省のウェブページでは、12月中旬までに接種すべきと案内されています。

インフルエンザの流行時期には十分な免疫が身体の中にできているよう、遅くとも12月中旬までには接種したほうが良いでしょう。

Q.24: インフルエンザワクチンの接種はいつ頃受けるのがよいですか?

日本では、インフルエンザは例年12月~4月頃に流行し、例年1月末~3月上旬に流行のピークを迎えますので、12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいと考えられます。

厚生労働省インフルエンザQ&A

 

接種回数は1回?2回?

原則として、成人は1回接種です。一方、13歳未満の子供は2〜4週間の間隔をおいて2回接種します。

 

Q.18: ワクチンは1回接種でよいでしょうか?

(1)13歳以上の方は、1回接種を原則としています(注1)。ワクチンの添付文書には「13歳以上のものは1回または2回注射」と記載されていますが、健康な成人の方や基礎疾患(慢性疾患)のある方を対象に行われた研究から、インフルエンザワクチン0.5mLの1回接種で、2回接種と同等の抗体価(注2)の上昇が得られるとの報告があります※1、2。ただし、医学的な理由により(注1)、医師が2回接種を必要と判断した場合は、その限りではありません。なお、定期の予防接種(注3)は1回接種としています。

(2)13歳未満の方は、2回接種です。1回接種後よりも2回接種後の方がより高い抗体価の上昇が得られることから、日本ではインフルエンザワクチンの接種量及び接種回数は次のとおりとなっています。なお、1回目の接種時に12歳で2回目の接種時に13歳になっていた場合でも、12歳として考えて2回目の接種を行っていただいて差し支えありません。

(1)6カ月以上3歳未満の方 1回0.25mL 2回接種(注4)

(2)3歳以上13歳未満の方 1回0.5mL  2回接種

厚生労働省インフルエンザQ&A

 

インフルエンザワクチンの副反応は?

通常、医薬品を投与したときに発現する望ましくない事象を「副作用」と呼びますが、ワクチンの場合は「副作用」ではなく「副反応」と呼ばれています。

特に赤ちゃん、乳幼児を持つ親の方は、子どもにインフルエンザワクチンを受けさせるべきか、副反応にどのようなものがあるかは気になるかと思います。

 

インフルエンザワクチンに限らず、医薬品の情報を得たい場合は、「添付文書」を参照すべきです。

添付文書では、医薬品の効能効果、用法用量だけではなく、投与するにあたって注意すべき点や、どのような副作用、副反応が発現するかについても情報が書かれています。

医師や薬剤師等の医療従事者も、使う医薬品の情報を確認する場合、まずは添付文書を確認することが基本です。

ただし、添付文書は医療従事者向けに書かれているため、一般人にはややとっつきにくいかもしれませんが、難しいことは書かれていないため、一般人でも読めると思います。

添付文書は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構のウェブページに掲載されています。

 

ワクチンに科学的な眼を!

医薬品の中でも、特にワクチンは反対派が多いです。科学的で客観的なデータに基づき、ワクチンを接種することのメリット・デメリットを正しく理解して、接種するかどうか判断してください。

 

ワクチンを打った場合でも、うがい、手洗い、乾燥を防ぐ等の地道な感染予防対策が重要です。

Amazonで買ってよかったものリストを公開中

30代・共働き・子育てサラリーマンの私がAmazonで買ってよかったものリストを公開しています。

おすすめ商品を見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。