ファッションのコト

【2018年秋のオーダー会】RENDO(レンド)のパターンオーダーシューズが到着しました

RENDOパターンオーダー2018

記事にするのが遅くなってしまいましたが、2018年秋にオーダーしたRENDOの革靴が到着しましたので紹介します。

 

オーダー時には、完成が2018年12月末ごろと伺っていました。しかし、注文が多かったためか完成が遅れ、年明けの2019年初めに手元に届きました。

 

RENDOパターンオーダーの内容

パターンオーダーでは、以下のとおり注文していました。価格は税抜き68,900円、税込み74,412円でした。

・845ラスト

・セミブローグ

・甲革をアノネイ社のブラウンのボカルーに変更

・革色をやや暗めの色合いに調整

・ライニングはネイビーに変更

RENDO 2018年秋のオーダー会
【2018年秋のオーダー会】RENDO(レンド)のセミブローグR8458をパターンオーダー2018年春に続いて、RENDO(レンド)の2018年秋のパターンオーダー会に参加してきました。 2018年秋のオーダー会 ...

 

オーダーした革靴はこちら

ご覧のとおり素晴らしい仕上がりです。色合いは深みがあるブラウンで、革色の調整も期待以上でした。

タンの部分の色合いが若干異なっているように見えます(やや明るいブラウンに見える)

この色がもともとの革色で、完成後に革色の調整をしているということでしょうか?

いずれにしろ、特に違和感はないため、全く問題ありません。

 

セミブローグのデザインも品があり、スーツに合わせても全く問題なさそうです。

また、靴底もかなりのクビレがあります。

RENDOパターンオーダー2018

 

845ラストの特徴は?

私は、既存の770ラストの外羽根プレーントウを持っています。これは2018年春のパターンオーダー会で注文して手に入れました。

【2018年春のオーダー会】RENDO(レンド)のパターンオーダーシューズが到着しました先日、西武池袋本店でオーダーしたRENDO(レンド)のパターンオーダーシューズが完成しました! 注文時は、7月20日頃に完成すると...

外羽根ということもあり、靴紐の縛り方で甲の高さ方向の調整ができるため、ストレスなく履くことができます。

一方、845ラストは770ラストよりもタテ方向(甲の高さ)もヨコ方向(足幅)もタイトな設計になっています。

そのため、私の場合、770ラストではサイズ25(7)にしましたが、845ラストでは1サイズ上げた25.5(7 1/2)にしました。

しかし、1サイズ上げても、2Eの足の私には若干タイトすぎるラストだったかもしれません。

特に夕方になり足が浮腫んでくる時間帯になると、ボールジョイント部分がタテ方向もヨコ方向も相当圧迫感があります。

RENDOパターンオーダー2018

正直、私には770ラストの方が合っていたようです。ただし、まだ履きこんでいないせいもあるため、しばらく履いていくと緩和されると思います。

しかし、この靴は私にとってなぜか履きたくなる靴で、雨が降らなそうな日を見計らって革靴ライフを楽しんでいます。

足囲(ウィズ)が小さめな方にはぜひ845ラストも試して、どちらが自分に合うか確認することをおすすめします。

 

2019年春のパターンオーダー会情報

2019年春も恒例のパターンオーダー会が開催されます。

◯パターンオーダー会@そごう横浜店

日時:4月12日(金)~4月14日(日)12:00~20:00

場所:そごう横浜店 5階紳士靴売り場

 

◯パターンオーダー会@西武池袋本店

日時:5月10(金)~12(日)12:00~21:00(最終日20:00まで)

場所:西武池袋本店 5階紳士靴売り場

出典:https://www.rendo-shoes.jp/blog/2019/03/post-62.html

 

私も行く予定…だったのですが、最近、某所で革靴をオーダーしてしまったため、泣く泣く今回は見送ることになりそうです。

某所でオーダーしたときの記事は、機会があれば改めて書きたいと思います。

Amazonで買ってよかったものリストを公開中

30代・共働き・子育てサラリーマンの私がAmazonで買ってよかったものリストを公開しています。

おすすめ商品を見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。