ファッションのコト

スーツ用の靴下はハリソンのロングホーズソックスがおすすめ

ハリソン ロングホーズソックス

スーツ用の靴下は長いものが定番とされています。

スーツスタイルでは、肌の露出は厳禁です。足を組んだ時や座ってズボンの裾がずり上がったとき、すね毛が除くことはNGです。清潔感などあったものではありません。

男から見ても汚らしいと思うのですから、女性から見たら完全にNGでしょう。

そんなこともあり、スーツスタイルでは、ロングホーズのソックスが定番とされています。

スーツ 靴下

ロングホーズソックスとは?

ハイソックスよりも長く、膝下までの長さのソックスのことをロングホーズソックスと呼びます。ロングホーズソックスの利点を挙げてみます。

ずり下がりにくい

ハイソックスでは、ふくらはぎの最も太い辺りまでの長さしかなく、歩いているうちにずり下がってしまいがちです。ずり下がった靴下を直す仕草はNGです。

ロングホーズでは、ふくらはぎの最も太い部位よりも長く、ひざ下まであるため、ずり下がりにくいです。そのため、1日のうちで、ずり下がった靴下を直す必要もありません。

 

スーツが傷みにくい

スーツの寿命は、クリーニングの回数に大きく影響を受けます。クリーニングはスーツにダメージを与えるため、なるべく頻度を少なくしたほうが良いです。

とはいえ、汗を吸ったスーツをずっと着るわけにはいきません。そんな時、ロングホーズソックスならば、肌とスーツが直接触れることを防ぎ、汗を吸ってくれるため、スーツの汚れを抑えてくれます。

なお、スーツを着るときは、下着もステテコのような膝辺りまで長さのあるものを着ると、膝より上の下半身の汗を吸収し、スーツの汚れを抑えるためおすすめです。ステテコについては後日記事にしたいと思います。

 

一方、ロングホーズソックスにはデメリットがあります。

ズボンがずり上がる

特にふくらはぎが太い人の場合、ロングホーズソックスとズボンの摩擦により、ズボンがずり上がってしまいがちです。特に座っている姿勢から立つときに顕著です。

特に、最近の流行りである細身のスーツでは、ズボンも細身のため、その傾向があります。

 

そもそも、ロングホーズのソックスが売っていない

スーツスタイルの定番であると言いつつも、ロングホーズを置いている店はそんなに多くありません。

 

HALISON(ハリソン)のロングホーズソックス

そんな中、HALISON(ハリソン)という日本のソックス専門メーカーでは、スタンダードな良質なソックスを販売しています。

HALISON」 は 知る人ぞ知る 靴下の老舗ブランド。
1966年の発売以来、多くのトラッド専門店、登山専門店で、高品質なソックス専門ブランドとしてお取り扱いいただき、ご愛顧賜っております。

とりわけ、ハリソンの代名詞とも言えるアーガイルソックスは、永年にわたり数多くのファンの皆様から愛され続けてきました。最近では、紳士の身だしなみに欠かせないロングホーズが、履き心地の良さで大人気です。

近年、そのクォリティの高さが認められ、高感度なスペシャリティストアにも、靴下のOEM供給を行っています。

https://www.halison.co.jp/

私は、平日のスーツスタイルのときは、HALISON(ハリソン)のロングホーズソックスを愛用しています。

ハリソンのソックスは、とにかく丈夫です。

通常のソックスでは、かかと辺りが薄くなり、最終的には穴が開いて寿命を迎えることが多いと思います。

しかし、ハリソンのソックスは非常に丈夫で、週1回程度の頻度で2年程履いていてもかかと辺りが薄くなりません。むしろ洗濯と乾燥を繰り返して色褪せたため、見た目の問題で交換しようと思うほどです。

靴下の値段だけを見ると高いと思われがちですが、買い替えの頻度が少ないことを考えると、むしろコスパが良いです。

また、HALISON(ハリソン)は、鎌倉シャツとコラボしたロングホーズソックスを提供しています。

鎌倉シャツ ハリソン

http://shop.shirt.co.jp/shop/pages/halisonsox_m.aspx

いままでロングホーズソックスを履いたことがない方は、ぜひ一度試してみることををおすすめします。

・スーツ用の靴下はロングホーズソックス

・日本のメーカーであるハリソンがおすすめ

Amazonで買ってよかったものリストを公開中

30代・共働き・子育てサラリーマンの私がAmazonで買ってよかったものリストを公開しています。

おすすめ商品を見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。